中央エコアクト(事業所用)
現在の参加事業所数 101事業所
ペンギン
ログイン
東京都中央区の事業所向けの事業です。

お知らせ一覧

お知らせ

2024-02-15
「エネオク」令和6年10月再エネ100%電力切替の募集開始!

令和6年10月に電力切替をご検討されている事業者様を対象に、中央区と再エネ電力の利用促進に関する連携協定を締結している株式会社エナーバンクが主催する「首都圏再エネ共同購入プロジェクト」https://www.enerbank.co.jp/shutoken-joint-purchase/の応募を受け付けています。

当プロジェクトは、競り下げ方式によるリバースオークションを実施し、再エネ電力を安価で提供できる電力会社を見つけることができるものです。
 

中央区内の事業者の方が「エネオク」を活用して再エネ電力を調達した場合、中央エコアクト(事業所用)で、「年1000pt」が獲得できます! (※ポイント獲得には中央エコアクトで「再生可能エネルギー100%電気への切り替え・継続」の申請・承認が必要です。)

その他、「脱炭素率先事業者として区HPでの公表」や「中央区ゼロカーボンシティロゴマークピンバッジ3個を贈呈」の特典がございます。

皆様、ぜびこの機会に、「エネオク」と「中央区エコアクト」を活用して、再生可能エネルギー電力への切換をしてみませんか?
区内事業者の皆様のご参加をお待ちしております!

「首都圏再エネ共同購入プロジェクト」専用サイト
https://www.enerbank.co.jp/shutoken-joint-purchase/

<配信元>
 中央区環境土木部環境課ゼロカーボン推進係

<プロジェクト問い合わせ先>
 株式会社エナーバンク
  ℡03-6868-8614(受付時間/平日10時~17時)
 

続きを読む
2024-02-13
「令和6年度中央区エコまつり新規出展募集」のご案内

令和6年度は、6月2日(日)に「第21回中央区エコまつり」を開催予定です。
出展される企業様を募集しておりますので、ぜひご応募ください。

●中央区エコまつり概要
 ・日時
   令和6年6月2日(日) 午前10時から午後3時まで(予定)
 ・場所
   あかつき公園(中央区築地7-19-1)

●募集概要
 ・対象企業
       環境に配慮した企業経営又は環境・CSR活動を積極的に実施している企業
   ・申込期限
   令和6年3月4日(月)午後5時まで
 ・提出方法
   担当部署にお電話の上、窓口にご提出ください。
   受付時間:平日 午前8時30分から午後5時まで(正午から午後1時までを除く)

詳細はこちらをご覧ください。
https://www.city.chuo.lg.jp/a0036/machizukuri/bika/gakushuu/ekomaturi_boshu.html

続きを読む
2023-12-21
【環境コラム】2023年を振り返って

2023年も残りわずかとなりましたので、1年を振り返り地球温暖化に関するニュースを3つ取り上げて紹介します。

①記録的な猛暑
 東京都心では、8月に観測史上初となる31日間すべて「真夏日」(最高気温30℃以上)を記録しました。また、1年間の「猛暑日」(最高気温35℃以上)が合計22日となり過去最多を記録しました。

②地球沸騰化時代の到来
 国連のグテレス事務総長は、7月の世界の平均気温が観測史上最高となる見通しであることを受け、7月27日の会見で「地球沸騰化の時代が到来した」と言及しました。その後、世界気象機関(WMO)は、今年の世界の平均気温は観測史上最高となることが確実になったと発表しています。

③COP28開催
 11月から12月に、アラブ首長国連邦(UAE)で国連気候変動枠組条約第28回締約国会合(COP28)が開催されました。この会合では、2030年までに再生可能エネルギー容量を3倍、エネルギー効率を2倍にすることや、化石燃料からの脱却を加速させることが合意されました。

 2023年は、地球温暖化による影響を強く実感し、取り組みを加速させていく必要性が改めて浮き彫りになった年でした。

続きを読む
2023-12-19
「中央エコアクト」を名乗る業者からの電話勧誘にご注意ください!

最近、区内で「中央エコアクト」を名乗る不用品回収業者から勧誘の電話がかかってきた、という相談が寄せられています。
 「中央エコアクト」において、不用品回収の勧誘等を行うことはありません。

このような電話を受け、少しでも不審に感じましたら、一度電話を切ると共に、下記お問い合わせ先までご相談ください。


【お問い合わせ先】
中央区役所環境土木部環境課ゼロカーボン推進係
電話:03-3546-5654

続きを読む
2023-11-21
【環境コラム】冬の省エネ対策

冬は、春や秋と比べて電気使用量が増えるため、省エネ・節電の取り組みが重要です。

○冬のオフィスビルでは、1日の電気使用量のうち約34%を空調が占めます。
 ・無理のない範囲で室内の温度を下げる
 ・使用していないエリアの空調を停止
 ・夕方以降は、ブラインド、カーテンを閉め暖気を逃さないように  など

○冬のオフィスビルでは、1日の電気使用量のうち約30%を照明が占めます。
 ・可能な範囲で照明を間引き
 ・使用していないエリアを消灯 など

 詳細は、経済産業省の「冬季の省エネ・節電メニュー(事業者)東北・東京・中部・北陸・関西・中国・四国・九州」でご覧いただくことができます。
 また、「中央エコアクト」のマンスリーチェックにも同様の取り組みが記載されていますので、上手に取り組みながらランクアップを目指してみましょう!

続きを読む
2023-10-23
【環境コラム】シェアサイクルと脱炭素

私たちが事業活動のために外出する際、様々な乗り物や徒歩を組み合わせて移動しますが、利用する乗り物によってはCO2を多く排出するものがあります。

普段から利用する乗り物を比較してみると、鉄道よりバスの方がCO2を多く排出し、バスより自家用乗用車の方がCO2を多く排出することが分かります。そのため、地球温暖化を防ぐためには、基本的にCO2を排出しない徒歩や自転車、CO2排出量が少ない鉄道やバスを組み合わせて移動することが有効です。

このようなビジネススタイルを実現するため、乗りたい時に自転車を借りて、行きたい場所で自転車を返すことができるコミュニティサイクルを活用してみましょう。中央区には、様々な場所にサイクルポートがあり、自転車を借りることができます。事業所から駅までをコミュニティサイクルで移動し、鉄道で移動した後、駅から目的地までをまたコミュニティサイクルで移動するというような使い方ができます。

コミュニティサイクルを利用すると「中央エコアクト」のポイントを獲得することもできます。会員登録をするだけでもポイントを獲得することができますので、上手に利用しながらランクアップを目指してみましょう!

続きを読む
2023-09-21
【環境コラム】地球温暖化対策の「緩和策」と「適応策」

地球温暖化により、世界中で熱波や豪雨などの異常気象が発生するようになり、大きな被害をもたらしています。
そのため、地球温暖化の原因となるCO2などの排出量を減らすことに加え、すでに生じ始めている被害を回避・軽減させることが必要となっています。このような、CO2などの排出量を減らす対策のことを「緩和策」、被害を回避・軽減させる対策のことを「適応策」と言い、車の両輪のようにして進める必要があると言われています。
中央区が2023年3月に策定した「中央区環境行動計画2023」では、事業者ができる「適応策」として、下記の5つを紹介しています。

・洪水ハザードマップにより水害のリスクを予め確認するとともに、事業所の避難計画や備蓄等、事前の備えをしておきましょう。
・事業所へ雨水貯留槽等を設置し、雨水流出を抑制しましょう。
・高反射率塗料や窓用日射調整フィルム、窓用コーティング材を導入するなどして、事業所の断熱性能を高めましょう。
・事業所の屋上や壁面の緑化に努めましょう。
・クールシェアスポットの設置に協力しましょう。

これらを参考に、是非「適応策」にも取り組んでみてください。

続きを読む
2023-08-25
【環境コラム】夏の省エネ対策

夏は、春や秋と比べて電気使用量が増えます。特に、電力需要が高まる日中(13:00~17:00頃)や、太陽光発電の出力が減少して電力需給が厳しくなる点灯帯(17:00~20:00頃)には、省エネ・節電の取り組みが重要です。

○夏のオフィスビルでは、1日の電気使用量のうち約49%を空調が占めます。
 ・執務室の冷やしすぎに注意
 ・使用していないエリアの空調を停止
 ・日差しを遮るため、ブラインド、カーテン、遮熱フィルム、ひさし、すだれを活用  など

○夏のオフィスビルでは、1日の電気使用量のうち約23%を照明が占めます。
 ・可能な範囲で照明を間引き
 ・窓際等自然採光エリアを消灯
 ・使用していないエリアを消灯 など

詳細は、経済産業省の「夏季の省エネ・節電メニュー(事業者)本州・四国・九州」でご覧いただくことができます。
また、「中央エコアクト」のマンスリーチェックにも同様の取り組みが記載されていますので、上手に取り組みながらランクアップを目指してみましょう!

続きを読む
2023-08-14
省エネ活動の取組項目を新たに追加しました!

8月14日から、今まで「準備中」としていた「国や都の助成制度の活用」の取組項目が申請・入力できるようになりました!

国や都では、脱炭素化の取り組みに対して、様々な助成制度を設けていますので、ぜひ積極的に活用してみてください!
取り組むことで、より一層、二酸化炭素の削減を図れるほか、ポイントを獲得することもできます。

続きを読む
2023-08-09
自然エネルギー・省エネルギー機器等導入費助成制度のご案内

中央区では、自然エネルギー及び省エネルギー機器等の導入費用を一部助成しております。なお、令和6年3月末までに限り、助成単価及び助成限度額を原則2倍に拡充しております。さらに、中央エコアクトにご登録しブロンズ以上のランクを付与された方は、上乗せ助成の特典を受けることができます※。
太陽光発電システムやLEDランプ等の導入をご検討されている方は、ぜひ本制度をご活用ください!

※ブロンズランクとなるには、直近過去1年間のうち、4カ月以上の「マンスリーチェック」と「エネルギー消費量等の記録」をしていただく必要がございます。また、完了報告時にブロンズ以上のランクを付与されることが条件になります。

対象機器や助成金額など、詳しくは中央区のホームページをご参照ください。
https://www.city.chuo.lg.jp/a0036/machizukuri/bika/taisaku/kikijosei/ecojosei_jigyosho.html

ご不明な点がございましたら、以下のお問い合わせ先にて承ります。

中央区環境課ゼロカーボン推進係 鈴木・田部井
03-3546-5628

続きを読む
2023-08-01
「エネオク」で再エネ100%電力切替 ⇒「中央区エコアクト」でポイント獲得!!

皆さまこんにちは、中央区環境課です。

電力会社の切り替えは、手間がかかる…どこの会社がいいか分からない…、再エネ電力って高そう…このようなお悩みはありませんか?

このたび、中央区と再エネ電力の利用促進に関する連携協定を締結している株式会社エナーバンク主催で
「首都圏再エネ共同購入プロジェクト」https://www.enerbank.co.jp/shutoken-joint-purchase/を開催します。

当プロジェクトは、競り下げ方式によるリバースオークションを実施し、再エネ電力を安価で提供できる電力会社を見つけることができるものです。

実際に中央区では、過去にリバースオークションを実施し一部公共施設の電気を再エネ比率100%に切り替え、約4.9%の電気料金削減に成功しました。

また、中央区内の事業者の方が、エネオクを活用して再エネ電力を調達した場合、次の3つの特典があります。

  1. 「エネオク」で再エネ100%電力切替 ⇒「中央区エコアクト」でポイント獲得
    中央エコアクト(事業所用)では、「再生可能エネルギー100%電力への切替え・継続」をし、申請すると、「年1000pt」が獲得できます!
    (※ポイント獲得には中央区エコアクトで申請・承認が必要です。)
    ポイントが貯まりランクが上がると、例えば…「自然エネルギー及び省エネルギー機器等導入費助成額の上乗せ」や「エコアクトホームページ内に事業所紹介ページを作成」、「区ホームページへのバナー広告掲載料金1ヶ月免除」といった特典が受けられます!
     
  2.  脱炭素率先事業者として区HPで公表
    エネオクを活用して再エネ電力を調達した事業者を、脱炭素化率先事業者として区HPで公表します!
    (社名及び使用する電力の再エネ比率を公表)
     
  3. 「ゼロカーボンシティ中央区宣言」ピンバッジ付与
    エネオクを活用し、再エネ電気に切り替えた事業者に「中央区ゼロカーボンシティロゴマークピンバッジ」3個を贈呈します!
     

皆様、ぜひこの機会に、「エネオク」と「中央区エコアクト」を活用して、再生可能エネルギー電力への切換をしてみませんか?
区内事業者の皆様のご参加をお待ちしております!

「首都圏再エネ共同購入プロジェクト」専用サイト
https://www.enerbank.co.jp/shutoken-joint-purchase/

<配信元>
 中央区環境土木部環境課ゼロカーボン推進係

<プロジェクト問い合わせ先>
 株式会社エナーバンク
  ℡03-6868-8614(受付時間/平日10時~17時)

 

続きを読む
2023-06-19
【環境コラム】中央区環境行動計画2023

 中央区は、2023年3月に「中央区環境行動計画2023-水とみどりにかこまれ 地球にやさしく 未来につなぐまち ゼロカーボンシティ 中央区-」を策定しました。
 この計画では、下記の6つの分野についての基本目標を定め、各目標の達成に向けた施策と具体的な取り組みをとりまとめています。

 ①脱炭素社会
 ②気候変動適応社会
 ③循環型社会
 ④自然共生社会
 ⑤安全安心な社会
 ⑥学びと行動の輪

 このうち、「①脱炭素社会」については、2021年3月に表明した「ゼロカーボンシティ中央区宣言」を踏まえ、2030年度までに二酸化炭素(CO2)の排出量を2013年度比で50%削減し、2050年までにCO2の排出量を実質ゼロ(排出量と吸収量を等しくする)にするという野心的な目標を掲げています。
 目標の達成に至る道筋は決して容易ではないため、区が旗振り役となり率先して取り組みの強化を図るとともに、区民・事業者が一丸となった“ALL CHUO”の姿勢で脱炭素化を進めていく必要があります。

【重点的に進める取り組み】
・家庭・事業者のゼロカーボンアクションの取組促進
・再⽣可能エネルギーの導⼊・調達の加速
・吸収源対策の促進

続きを読む
2023-06-02
省エネ活動の取組項目を新たに追加しました!

6月から、今まで「準備中」としていた省エネ活動の取組項目が申請・入力できるようになりました!

※追加した取組項目
 ・コミュニティサイクルの登録
 ・コミュニティサイクルの利用
 ・省エネ診断の受診
 ・再エネ100%電気への切り替え・継続
 ・環境に関する認証取得・更新
 ・eco検定への合格
   ・建物のZEB化

今後は、今回新たに追加した省エネ活動にもぜひ積極的に取り組んでみてください!
取り組むことで、より一層、二酸化炭素の削減を図れるほか、ポイントを獲得することもできます。

なお、取組項目のうち、「国や都の助成制度の活用」のみ現在準備中です。7月ごろの実装を予定しております。

続きを読む
2023-05-15
「CSR・CSVリレーセミナー」のご案内

中央区立環境情報センターでは、中央区に事業所がある企業・団体・NPO法人等を対象に、「各企業・団体によるCSR やCSV 等の活動事例発表」や「コーディネーターによる講義」を開催しています。
参加費無料のセミナーです。
ぜひお申込みください!

第1回のお申込みは5月12日(金)午後5時まで

詳細はこちら
https://eic-chuo.jp/eventpast/csrcsv2023/

続きを読む
2023-05-15
「総合環境講座」のご案内

中央区立環境情報センターでは、18歳以上の区内在住・在勤・在学者を対象に、全9回の環境学習講座を開催しています。
令和5年度は、「脱炭素社会ってなに?なにから始めるの?」をテーマに、日常生活や社会生活のなかで、地球にやさしい行動や知恵を学ぶ講座となっています。
ぜひお申込みください!

お申込みは6月14日(水)まで

詳細はこちら
https://eic-chuo.jp/events/sougoukankyoukouza2023/

続きを読む
2023-04-20
【環境コラム】ゼロカーボンシティ中央区宣言

 近年、地球温暖化が加速しており、2011〜2020年の世界の平均気温は1850〜1900年の水準と比較して1.1℃上昇したとされています。そのため、二酸化炭素(CO2)の排出を減らすだけでは足りず、2050年ごろまでにCO2の排出を実質ゼロ(排出量と吸収量を等しくする)にする必要があると言われるようになりました。
 そのような背景から、地域内のCO2の排出を2050年までに実質ゼロにする「ゼロカーボンシティ」を目指すことが世界中の都市で表明されるようになっています。
 中央区は、2021年3月に「ゼロカーボンシティ中央区宣言」を表明しました。また、都内では、2023年3月の時点で、全62区市町村のうち46区市町村が「ゼロカーボンシティ」を目指すことを表明しています。
 このように、ゼロカーボンを目指すことは、世界共通の取り組みとなっており、中央区に住む人、働く人も一人ひとりが自分ごととして取り組んでいく必要があります。

ゼロカーボンシティ中央区宣言

続きを読む
2023-04-13
本日、WEBサイトを更新いたしました。

【更新内容】
・「エネルギー消費量等の記録」の計算に使用するCO2排出係数を最新の値に更新(詳しくはこちら)。

「中央エコアクト」では毎年この時期に上の値を更新していく予定です。

続きを読む
2023-04-03
新たな仕組みによる『中央エコアクト』がスタートしました!

令和5年4月より、新たな仕組みによる『中央エコアクト』がスタートしました。
すべての手続きがWEBサイトで完結します。
また、参加メリットも充実いたしました。(詳しくは、「参加メリットを見る」をご確認ください。)
新たな『中央エコアクト』で気軽に事業所でできる省エネ活動にチャレンジしてみませんか?
皆様のご参加をお待ちしております。

一部取組項目*は現在準備中です。6月ごろの実装を予定しております。
*現在準備中の取組項目
・コミュニティサイクルの登録
・コミュニティサイクルの利用
・省エネ診断の受診
・再エネ100%電気への切り替え・継続 
・建物のZEB化(改修・改築) 
・国や都の助成制度の活用 
・環境に関する認証取得・更新
・eco検定への合格

続きを読む